« 連帯保証のワナ | トップページ | 社会保険労務士 11月8日(金)合格発表 »

2013年12月 6日 (金)

公的融資・補助金を活用するために

公的融資・補助金を活用するために
■コンサル会社のセミナーに参加して私見!!

このセミナーは確か10年くらい前にも開催された気がする。題目も同じ。
ただ当時と少し違うのは時代の移り変わりのせいか、内容が違っている部分もある。
今回は70人出席していたが、前回は50人くらいだった気がする。
少し増えているのは景気が戻ってきていないせいなのだろうか。

内容は中小企業新事業活動促進法、いわゆる経営革新と呼ばれるものだ。
当時私が会計事務所にいたころ、この経営革新をとるために広島県に日参したものだ。
県から認定がおりてお金が下りるわけではない。

ただ中小企業にとってみればこの法律に基づいて広島県から認定されれば、いわば優良企業のお墨付きをもらうようなものだ。
その認定書をもとに金融機関に「お金貸して。これ取ったから」といってお金をせびる子供のようだ。

当時10社ぐらい申請書を作成して経営革新の設定をもらった。おかげで広島県の担当者と仲良くなったのと、県に対する申請の方法をマスターしたのがメリットだったかな、印象に残ったのはそれくらい。
時は10数年。経営革新なんて言葉はすっかり忘れていたが、生きていたんだ。
当時セミナーを受けたあと中小企業の経営者と2人で「ねえ、やろうよ。コンサル料で50万くらいもらえるで」と胸算用をしていたが、結局ものにならず流れた記憶がある。

今回は経営革新の骨格となる中小企業経営革新支援法と創業+新連携がひっついている。   
経営革新には事業計画に取り組みしやすい企業となじまない企業がある。   
簡単に言えば、いらっちの中小企業には向かない。じっくりと自社の事業計画に取り組めるくらいの金と余裕がないといけない。

経営革新計画承認企業(東京都)の新聞掲載記事を見てびっくりした。
広島県も10年前に新聞に載せていたが、私の知る限り7,8年前からやめていると思う。
やはり東京は視野が広い。きちんとやることはやっている。
だからコンサルタント企業も必要なのだ。

「できない言い訳はない できる方法を考えよ」
とはセミナーのメインテーマになっているが、いい言葉だと思う。
何事もだ。経営だけではないと思う。

http://uttaeteyaru.jugem.jp/に掲載された内容の紹介です

« 連帯保証のワナ | トップページ | 社会保険労務士 11月8日(金)合格発表 »

企業再生・倒産」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1975855/54165313

この記事へのトラックバック一覧です: 公的融資・補助金を活用するために :

« 連帯保証のワナ | トップページ | 社会保険労務士 11月8日(金)合格発表 »